2008年08月05日

アイディアと行動力、どっちが重要だ?

アイディアと行動力、どっちが重要だ?



もちろん、両方あるのが、理想だが、

どっちかというと、行動力だろう?

だって、アイディアは金で買える。




両方必要だ 希少性がないと価値がつかないからだ

100%簡単にパクれて、しかもそれだけやっていくと言うのは過当競争だから、圧倒的にスタンダードになるまで走り続けて新規参入の壁を作るか、他者とは違う独自性が必要となる

パクっていると言う時点で競合がいる訳で、1位は2位の3倍有利なんだからパクったもとより上手くやる必要があるわけだ

用は簡単にぱくられるようなままのことをしていたら薄利多売なんだな

iphone儲かっているからパクるって言っても物理的参入障壁はそこそこあるし、先行のiphoneが圧倒的有利ではある

情報商材とか、個人レベルで一瞬でパクれるやつは際限ない競争になる 




人生を後悔できるってことは、

アイディアはあったんだよな?

行動力がなかったんだろう?



これはビジネスとしてってことだよな 収益を上げるシステム作りが目的だった場合だよな

つまり、 どうやって投資効果が高いモデルを作るかだよな?

例えばフランチャイズのコンビニ 本部は絶対儲かる これはそういう仕組みなわけだ ローカルコンビニの店長は自営業レベルだ  1割くらいは儲かっているようだが、とはいえこれはビジネスと区別する



パイロットになる、陶芸家になる、インド旅行する、宗教家になる こういうのは関係ないな 行動力の問題が大きいな もちろんコンビニ店長になる でも良い













posted by limited-book-blog-manager at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

倫理研究所って宗教団体といえなくもないぞ

倫理研究所って宗教団体といえなくもないぞ



つまり、ここが発行している職場の教養という小冊子を毎朝読まされているわけだが、

これって洗脳なんじゃないかと、ふと思ったわけだ。



今度から、読んでるふりして、読まないようにしようかな。



倫理研究所 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AB%E7%90%86%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80



俺は基本信仰は無いから何が正しいかは自分で決める事になる

これは随分昔からで、高校のときの倫理の授業での アリストテレス が役にたったわけだ

早く言うと、正しいことは自分が決める という言葉だな



しかし職場で強制するのは社長の判断でOKだな

不満があれば立ち去るのみだが、立ち去れない状況を作った方が儲かる(社長が)



検索が多いから調べてみたが事実上宗教だろう あの世の理論でもめている

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AB%E7%90%86%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

強制いてはいけないと言うところではあるとおもう が、当然信仰は個人の自由だな 

てか、社訓なら、そして建前上宗教ではないのなら社員に強制しても問題ない 制度上な


とはいえ、もし俺の近しい人がこういうのにはまるんだとしたら全力で脱会勧める可能性もある

会社がやっているならその会社からいなくなっても場合によってはありうる



インド人のように、本人が、ほっといてくれって言ってもか?


それは俺の親しい人ではないな 親しくなければ放っておく


本人がいいんなら、いいんじゃないか。

本人が、助けてくれというのなら、話は別だが。


親とか、結婚相手、子供とかがオウムに入信して放っておいてくれというなら、放っておかないと思う

オウムでなくても100万お布施するとか、街角で人捕まえて説法するとか言い出したら完全アウトだ

放っておかないか 親しくなくなるかだ



意外に、芸能人とか、中小企業の社長とか、

宗教にドンはまりだったりするからな。

いくらでもいるぞ 

丸一日ほぼ無給で働いて、何で?と聞くと

私にこういう価値ある教えを授けてくれたんだから、無給でも広めるべき とか言い出すわけだ

株式会社ハーケンクロイツ    にいたとして、構成員が民族浄化とかを主張するとても良い人そうでもやはり立ち去るわけだ 





posted by limited-book-blog-manager at 23:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

Googleで対訳がでるようになったか

Googleで対訳がでるようになったか

アメリカ 絵画 で検索して下までスクロールするとこんなページのリンクが現れる
http://translate.google.co.jp/translate_s?q=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB+%E7%B5%B5%E7%94%BB&hl=ja&lr=lang_ja&client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja:official&pwst=1&um=1&ie=UTF-8&sl=ja&tl=en&tq=American+Painting&sa=X&oi=clir&ct=search_link


考えてみたらこの機能結構ほしいぞ

モバイルに組み込めばかなり対面でも言葉の壁はなくなるな





posted by limited-book-blog-manager at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北野武 監督 ::::: アキレスと亀 :::::

北野武 監督 ::::: アキレスと亀 :::::



http://www.office-kitano.co.jp/akiresu/



無限論の教室に出てきたあの話か?




北野作品は、芥川賞並みに、文学的メッセージが強すぎて、一般受けしないが、

今回は、大衆向けか?



北野武監督新作「客入らないと意味ない」 - シネマニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/p-et-tp1-20080410-346337.html






posted by limited-book-blog-manager at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

押井守監督最新作 映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」...

押井守監督 映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」



押井守監督最新作 映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」公式サイト
http://sky.crawlers.jp/index.html



これ森博嗣先生の原作読んだんだが、あまりにも意味不明すぎて
最後まで読めなかった作品だ。

スカイ・クロラ (中公文庫)






すべてがFになるシリーズは最高だったんだけどな。


すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)


タイトルがいちいち駄洒落なんだ。

内容ももちろん面白いがな。





封印再度―WHO INSIDE (講談社文庫)










posted by limited-book-blog-manager at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。