2008年08月17日

森博嗣先生、あいかわらず、面白いな。 理系小説?

森博嗣先生、あいかわらず、面白いな。 理系ミステリー小説?



工学博士ながら、鉄道模型のために、バイトで小説を書いている?

バイトでこの面白さは、普通じゃないな。



キャラクタが、むちゃくちゃ個性的じゃないか。

小説なのに、リアルに想像できる、映画なみ。






森博嗣の浮遊工作室
http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/







φは壊れたね (講談社文庫 も 28-34)








θは遊んでくれたよ (講談社文庫 も 28-35)







τになるまで待って (講談社文庫 も 28-36)








普通のミステリー小説とは、だいぶ一線を画している。

次は、四季シリーズを読んでみよう。




















posted by limited-book-blog-manager at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104901669

この記事へのトラックバック
最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。